So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

有給休暇 [価値観]

 この前、とある外人のお友達と、会社帰りにカフェでおしゃべりしている時に、こんなことを聞かれた。

友達:「もう21時になるっていうのに、どうしてビルの電気がついてるの? あのビルは何かお店でも入っているの?

僕:「仕事で残業しているんだと思うよ。」

友達:「結構明かりがついているけど、あのビルもあのビルもみんな残業しているの!?」

僕:「たぶんね。遅い時間から始まっている仕事もあるかも知れないけど、結構残業が当たり前にある会社も多いと思うしね。」

友達:「日本人はほんと働き者だなぁ~。でもこんなことを毎日続けていて、大丈夫なのか?家族との時間などはちゃんと作れているものなのか?」

僕:「ヒトのもよると思うけど、月から金まで平日働いて、土曜日も働いてるって人も多いと思うよ。そうじゃない会社もあるけどね。」

友達:「考えられないね。でもそこまで働いたら、その分、お給料も出るんだろなぁ。」

僕:「そうでもないんだよね。僕が前いた会社は残業代ゼロだったしね。」

友達:「なんか残念だなぁ~。プライベートな時間を充実させることができなければ、ヒトとの関わりも少なくなるし、それは問題があるんじゃないのか?」

僕:「まぁね。実際に今の30代や40代の方って、程度の違いはあるけれど、精神病にかかっているヒトが多くなってきているって新聞に載ってたし、ストレス社会だし、この不況下だからね。」


と、こんな会話がずっと続いていったのですが、その友達が、気になっていろいろと調べてみたら
残業時間もそうなのですが、有給休暇についてちょっとしたデータが出ていたそうです。ちなみにこの友達はフランス人なのですが、彼曰くフランスは、世界的にみて、最も有給が多く、平均して36日位あるそうです。

そして、その全ての有給を取得できる人が70~80%だそうで、多くのヒトが有給を十分に使っているそうです。

では、僕たち日本はというと…、有給の数的には、10日から始まり、年々増えていき、最高でも20日位ですかね。しかも、ほとんどの人があるはずの有給を使わず、仕事をしているそうで
先ほどの、フランスの70~80%の人が全ての有給を取得しているのに対して、

日本は、なんと、8%。

それを聞いてちょっと愕然としましたね。もっと取ってもいいのではないかと…。
9割以上の方が、全部取らずにいる国ってどうなのかと感じましたね。

他の国のことも調べたそうで、この日本の8%というのは、ヨーロッパではほとんど考えられないくらい低い数値だそうで、ヨーロッパの多くの国は、約7割以上の人が、有給を全て取得できているとか。

またこんなに有給を使えていない理由として、
「仕事が忙しくて、取りたくても取れない。」
「もしもの時のために(病気など)のために残しておきたい。」
「上司や同僚があまり取っていないので、とりづらい雰囲気がある。」
「有給を取ると快く思っていない雰囲気がある。」

以上のような理由があるそうです。
なぜこんな偏った文化になってしまったのかと、日々感じてしますね。

幸いにも僕の今の会社は、8%側にあり、有給は普通に使えるのですが、上記にあるように、とりづらい雰囲気というものたまに感じます。でも、僕はそんなこと気にせず使います。今週も3連休を利用して、4連休にして、旅行にいきます。当たり前にあるものを当たり前に使う。これは間違いではないと感じます。
 有給ありますよって言って、入社して、いざ入ったら使えない雰囲気、使ったヒトは周りから快く思われない、こういった考えって、どこか違うなぁと感じるのは、僕だけでしょうか。

郷に入れば郷に従えということわざがあるので、日本で統計を取れば、僕や友達の考えは少数派になるかも知れません。でも残業がなくて、有給もしっかりとれたら、プライベートの時間が充実しますよね。どっちがいいかと言われれば、後者の方が、多いような気も…。
人生1回きりですし、時間はみんなに平等にあたえられているものなのですから。それに世界は自分が思っているよりも広く、いろんな国があって、いろんな人種がいて、いろんな人がいて、その各々がいろんな考え方を持っていいんと思うですよねぇ~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

10月はスタート [写真]

 10月はスタートの感じ。

そんなこんなで始めてみました。

夕暮れ.jpg


空にドラゴンみたい形の雲を発見したので撮ってみました。

よろしくお願いします[on]


-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。